警報が出たから姉が実家に避難しに来ました!

今年は雨がスゴいですね。まさにバケツをひっくり返したような(今の若い人にはゲリラ豪雨のほうがつうじますかね?)雨で、この1ヶ月の間にもう何度も大雨洪水警報、はては土砂災害の危険があるため避難勧告まで出ました。私は実家に両親と一緒に住んでいるのですが、今住んでいる所に引っ越してきてから25年位になりますが、こんなことは初めてです。
ただ、何だかここ数年、私の住んでいる町では物凄い雨は夜中や明け方に降ることが多い気がします。何故でしょうか?
そのため、避難勧告が出たのも夜の10時過ぎで、ちょうど入浴中だった私はシャワーと雨の音で気づかなかったくらいです。
そしてお風呂場から戻るとシングルマザーの姉が子どもを連れて家に来ていました。姉は歩いて5分程度のアパートに住んでいるのですが、そこは山の直ぐ下で、姉たちはアパートの一階に住んでいるからです。
その上、町の公民館は木造1階建て、やはり山の近くにあります。避難所となる学校は歩いて30分くらいかかります。そして、川に近い場所にあります。
それを考えると、我が家は鉄筋コンクリート造りの集合住宅で1階は店舗で夜は無人、私達は3階にすんでいます。普段から飲み水はミネラルウォーターを買っておいてあるし、夏なので、アイスコーヒーや緑茶、麦茶のペットボトルが大量にあります。食料も、安い時に買いだめしておくので、菓子パンやクッキー、カップ麺などがあり、私が趣味でアロマキャンドルを買っているのでロウソクもあります。
ヘタに避難所まで行くよりも実家にいたほうが安全だ、ということです。避難所に行くとなると、ちょっと腰が重たくなりますが、実家なら来やすいですしね。
結局何事もなかったのですが、何かあった時のために、これからも水とクッキーは買いだめしておくつもりです。レーザー脱毛は、医療機関で行うことができます